埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

サイディング外壁重なり部分のゴムパッキン劣化は要注意


「目に見えない不具合」ゴムパッキンの劣化

サイディング ゴムパッキン

このコラムでは何度も「目に見えない不具合」というキーワードを使い

建築のこと詳しくないお客様の見逃しがちな「劣化のサイン」を説明してます。

今回はサイディング外壁の重なり部分のゴムパッキンについてです。

サイディングは一枚一枚、下から張っていきます。

工法として色々あります。

サイディング釘打ち工法 胴縁下地あり

サイディング金具留め工法 胴縁ありの場合と無しの2通り(写真は胴縁なし)

今回は写真の赤い線で囲まれた「ゴムパッキンの劣化」の説明なのですが

主にサイディング金具留め工法で外壁が反ってしまったり、浮いたりしてしまうことから発生します。

草加市金明町の外壁塗り替え工事の施工事例

サイディング

草加市金明町のサイディング外壁塗り替えした時の

サイディングが浮いてしまってる一例です。

太い黒い線のように見えてしまってる部分が浮いてます。

去年のような大型台風のような雨風が巻き上がるような場合

この隙間から雨が入ることは十分考えられます。

隙間に水が入ってしまえば、もちろんゴムパッキンは劣化していきます。

ゴムパッキンの役割はサイディングの重なり部分に隙間を作らないようについてるので

ゴムパッキンが劣化して傷んでしまうと雨水がどんどん入り外壁の劣化につながります。

例えば重なり部分の溜まったホコリがゴムパッキンが劣化して水が流れることによって

黒い水が外壁を汚すことも考えられます。

サイディングも劣化の進み具合も増しますし、コーキングの劣化まで影響を及ぼします。

修繕工事で済めばいいかもしれませんが、サイディング張替えになってしまったら多額の工事費用が発生します。

サイディング張り替えの工事は部分的でも安くはないです。

「直せるうちに直しておこう!」

これは当社が何度も口にしている「一生涯のリフォームトータルコスト」を安くすることにつながります。

住宅メンテナンスは大事です。

小さな修繕をコツコツ行い、いざ足場をかけてリフォームした時は工事費安く良質な仕上がりがお約束できます。

住宅メンテナンス、雨漏り点検してみませんか?

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に