埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

サイディング目地、劣化したコーキングの注意点


出窓、サッシ脇のコーキング部分の注意点

サッシ脇コーキング

サッシ脇のコーキング部分は、特に出窓は注意したい部分ではあります。

写真の建物のように軒裏の出があれば直接雨風当たる事はないのですが、軒の出がない出窓の場合注意しましょう。

新築施工時サッシとサイディングが隙間なく張られて、いくらも隙間ないところにコーキングを打ちます。

コーキングに厚みがないので劣化しやすかったり、地震なので切れすい可能性があります。

一度劣化したところから雨水をしみこむと。どんどん水を呼び込みやすくなり「雨漏りの道」ができてしまいます。

建物の見えないところに水が回ってしまっては手遅れになることもあります。

手遅れとは、サイディング、もしくは室内の天壁を剥がしての改修工事する必要があり大工事となってしまいます。

外壁の水切り板金の注意点

水切り鈑金

この写真のような一階部分と二階部分の境目に水切り板金が回ってる場合も要注意です。

雨水がたまりやすく、コーキングの劣化が激しい部分でもあります。

建物に良くないのは「湿気を持つこと」です。

サイディングが湿気を持つと、サイディングの塗膜が剥がれやすくなります。

塗膜が剥がれれば、もっと湿気を呼び込みサイディングの耐久性も失われて雨漏りの原因になります。

出窓サッシ脇、水切り鈑金があるとしたら、そこ注意してご自宅を見直して見てください。

これからも「雨漏りのなりうる事例」をアップして行くのでよろしくおねがします。

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に