埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁通気工法、外壁胴縁下地のご説明します


サイディング外壁の胴縁下地

今回はサイディング 外壁の写真を使ってますが、モルタル外壁のラス下地も同様の内容です。

さて本題に入りますが外壁通気工法には通気金具タイプと胴縁施工の2通りあります。

胴縁下地の施工方法を説明しますと、在来工法では外壁のほとんどが躯体の柱に釘なりビスを止めることになっています。

この胴縁下地からサイディングを止めるのにまた二つの工法があり

釘打ち工法と金具留めに分かれます。

少し混乱しますが、「胴縁を使わない金具留め」と「胴縁を使用した金具留め」があるのでご理解ください。

釘打ち工法についての記事

金具留めのついての記事

なぜ今回外壁通気工法の胴縁下地をテーマにしたのは

胴縁が木部であり、外壁を支える重要な下地だからです。

外壁と躯体との間に通気をとる、これが外壁通気工法です。

しかしながら、通気が何かしらの原因で取れなくなる場合があります。

これが「目に見えない不具合」であり、放置しておくとカビが発生したりサイディングの劣化につながります。

胴縁は下地は防腐剤を塗られ硬くで腐りにくい木材が使われていますが

絶対安心ということは言えません。

施工不良で不具合が起きやすいのもこの胴縁施工です。

「見えない不具合」というは本当にわかりづらく、見落としがちなので

雨漏り点検の際はきちんと調べる事例にになります。

雨漏り点検のお問い合わせぜひ当社におまかせください。

 

外壁通気工法は主に2通り

サイディング金具工法

外壁通気工法、サイディング外壁通気金具

通気金具を直接躯体の柱に止める工法です。

サイディング胴縁下地

外壁通気工法 サイディング外壁胴縁下地

サイディングを釘で止める工法と胴縁の上に金具留めする二つの工法があります。

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に