埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

サイディング外壁劣化のサインを見逃さないで!


湿気がもたらした苔、塗膜剥離

サイディング外壁劣化

サイディング外壁劣化のサインを見逃さないために、いくつか事例を紹介します。

まずは湿気かもたらす苔が塗膜剥離を引き起こす例です。

塗膜剥離というのは長期に渡って外気や紫外線を受けることに剥がれやすくなるのですが

逆に日が当たらない、風通しが悪いところでも苔が生えて塗膜剥離してしまうこともあります。

写真の外壁面は西面で目の前に川があり常に湿った風が吹き付けます。

でも、この御宅の裏の一軒家の西面は苔もなにもなく綺麗なんです。

サイディン外壁のデザイン柄の影響もあって複雑な凸凹した面は苔がつきやすいです。

苔の生え方見ると、雨水の流れに沿って生えてるのがわかります。

これを放っておいてはいずれサイディングの劣化を早めるだけでなく、雨漏りを導いてしまいます。

 

サイディング外壁劣化

次のこの写真の説明いたします。

サイディング自体が浮いてしまってコーキングが切れてしまった事例です。

サイディングが浮いてしまうのは釘打ち工法にありがちな釘が緩んでしまうためです。

対処方法はもう一度釘を打ち直してコーキングも打ち直します。

サイディングが反ったり、浮いたりしていたら応急処置的にもでも修繕工事が必要な場合があります。

 

コーキング劣化

次にコーキング目地の劣化です。

完全にコーキングが切れてしまってます。

コーキングの下にはハットジョイナーという金属片が入ってすぐには雨漏りはしませんが

安心はできず、水というのは横にも走るので気をつけてもらいたです。

塗膜剥離

これはサイディングでもラップサイディングと呼ばれるものです。

一枚板を重ねるように貼っていく工法です。

この場合の劣化は、少し剥がれかけていることもそうなんですが

触ってみて指に粉がつくチョーキング現象がありました。

これは完全に塗料の機能性が失われて劣化が進む一方です。

 

早めの無料点検のオススメ

今年の梅雨は長くジメジメしてます。

建物には湿気はいいことありません。

梅雨の後半は夕立、ゲリラ豪雨、台風が多くなってきます。

「まだ大丈夫」と思わず「無料点検」受けてみてはいかがでしょうか?

今日紹介した事例以外のことも、これからどんどんあげていくので

参考にしてもらって、この梅雨時の無料点検お問い合わせよろしくお願いします!

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に