埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁通気工法とは?サイディング張り替えの基礎知識です


なんのために通気を取るのか?

サイディング

何度かサイディングについて説明するのに出てくるキーワードで「通気工法」。

サイディングだけの話と勘違いされても困るので、モルタル外壁も含め「外壁通気工法」について

ちょっと詳しく説明していこうと思います。

木造建築を例に説明しますと、まず上棟し終わったら大工さんはまずタイペック(防湿、防水シート)を貼ります。

このシートをきちんと貼ることで、雨が入らないようにしてます。

もしこのシートが不十分に貼られていたり、穴が開いたりしてると雨漏りの原因になります。

次に、サイディングやモルタル外壁の工事に入るのですが

このシートの上の「胴縁」と呼ばれる木の下地材を施工していきます。

サイディングでは「通気金具」(写真参照)を使ってます。

つまり、タイペックシートと外壁材の間に空間を作ります。

前回、軒裏の換気口の話をしましたが、外壁内の隙間の空気が軒裏の換気口や屋根裏とつながっており

空気が循環するようになってます。

空気が循環するということは、湿気を持たせずカビもつきにくくなります。

サイディング外壁劣化

湿気を持つと中から外壁材が劣化していく可能性があります。

金明町のサイディング塗り替え参照

雨漏りを気付かずに放置すると、見えないところで劣化しがちです。

特に、夏冬は外の温度と室内の温度は真逆ですから、結露は起きやすい状況です。

 

リシン吹き

モルタル外壁でも、外壁とのタイペックの通気が取れないと外壁の傷み具合も違ってきます。

昔の建物ほど工法てきに通気が取れてない場合があります。

そもそも気密という「工法の概念」がまだない頃なので仕方ありませんが。

とにかく「湿気を持つことがいかによくない」ことがお分かりいただけると思います。

 

「外壁通気工法」塗り替え時はどうなの?

なぜ「外壁通気工法」を説明したかというと

特にサイディング外壁において、通気を取らず「直張り」の場合

「張り替えのリスク」が高くなるということです。

直張りは湿気を持ちやすいので要注意です。

うっかり「直張り」なのに「塗り替え」を頼んだ挙句、すぐにサイディングの劣化があわられて意味がありません。

業者も現地調査して「家屋の説明義務」もありますが、お客様も事前に予備知識と知っておくと安心だと思います。

写真のように、土台水切りと外壁がくっついていると通気が取れてないので、ここを見てくれれば大概わかります。

分からなければ、当社で家屋調査も無料で行いますので、ぜひご相談ください!

土台水切り
草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に