埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

シーラー、フィラー処理ってなんの工事なんですか?


シーラー、フィーラーをなぜ塗る必要性があるのか?

シーラー処理

シーラーとフィーラーの違いを説明する前に

いつもの「職人にとっては当たり前でもユーザーさんには当たり前ではない」を踏まえ

なぜ「シーラー、フィーラー処理をしなければならないのか?」

何度か施工事例でもコラムでも書いてきましたが、もうちょぅと詳しく優しく説明しようと思います。

まず旧塗膜と新塗膜は相性が悪い

古い塗膜というのは「指先で外壁をこすると白く粉がつく状態」これをチョーキングおよびラジカルと呼ばれる現象を発生させます。

*特に白系の外壁に多いです、白色系の顔料はラジカル現象起こしやすい

その上に新しい塗膜を塗っても良くないのは想像つきますよね。

ホコリだらけの壁にセロハンテープ貼るようなイメージです!

テープがよくつく条件として考えられるのは「表面がツルツル」です。

外壁も屋根も一度高圧洗浄で綺麗に洗い、その塗面にシーラを塗ることで塗装の密着性を高めます。

シーラーを一度塗ればいいわけでもありません。

粗悪な塗面のセメント、コンクリート、塗膜が剥がれたサイディング下地など

シーラーを一度塗ったくらいでは表面が平らになりません。

しかし、シーラーは速乾性があり目止めの役割として機能するので

2回目にフィーラーを塗ることがあります。

フィーラーはシーラーよりもドロンした感じで塗膜はシーラーよりも厚くなります。

なのでシーラーで一旦目止めして、まだまだ凸凹な塗面をフィーラーによって

表面をツルツルに持っていくことができます。

で、シーラーとフィーラーの用途を区別すると

1サイディングなどの比較的表面がツルツルな面はシーラーでOK!

2モルタル外壁やセメント瓦、塗膜が剥がれた傷んだコロニアル屋根などはフィーラー

3極端に傷んだ塗装面ならばシーラー処理してからのフィーラー処理となります。

お問い合わせを受け、現調した後でこのような説明をしお見積もりをはじめます。

この説明なしで「見積もり、作業工賃」には納得されないと思います。

下地処理をちゃんとやれば、綺麗な仕上がりと長い耐久性が約束されます。

ぜひ当社にお問い合わせお願いします!

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に