埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 施工不良?サイディング外壁、中間水切り板金の逆勾配の事例です...

施工不良?サイディング外壁、中間水切り板金の逆勾配の事例です


サイディング外壁、中間水切り板金あるタイプは気をつけてください

中間水切り

去年、草加市の一軒家サイディング外壁塗り替え工事行ったお宅で、中間水切り板金がありました。中間水切りとは、建物の躯体の構造上、段違いがあるとこや、サイディングの上下の張り分け時につけたりします。

現調した際、この部分だけがやけにコーキングの劣化激しく、苔の生え方が尋常じゃなかったので原因を調べました。

結果、この中間水切りの板金の勾配が建物の内側に傾いていました。

本来は建物から外に水が流れるように勾配が付いてなければなりません。

施工不良なのか?どうかわかりませんがよろしくない状況です。

サイディングを剥がして、水切り板金を元の勾配に直すのは大工事です。

何度でも言いますが、建物が湿気を持つことは何一ついいことないのです。

カビが繁殖して室内までに及んでは時すでに遅しなのです。

サイディングが湿気をもち、サイディングを止める釘や縦樋を止める金具などから建物内に水が浸透してさらに断熱材へ、

天井までに水が染みて黒ずむことまで考えられます。

サイディング外壁は最初は綺麗でいいのですが、メンテナンスを怠ると、まだ住んでまもない年数なのにものすごく劣化した印象が強いです。

梅雨がくる前に春の点検だけでもやっとく価値はあります。

その時は当社にご相談してください、よろしくおねがします。

 

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に