埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

サイディング外壁金具留め工法 注意しておきたいこと!


サイディング外壁金具留め工法、こんなトラブルも

サイディング金具工法

サイディング外壁金具留め工法を何回か説明していますが

お客様とのトラブルでもないんですが、ハウスメーカーの説明不足もあるのか

少々誤解を招く一例を紹介します。

金具留め工法=釘を使わない

確かに文字通りなのですが、一本も釘を使わないわけでもないんです。

「金具工法なんだから釘使うのおかしいじゃないか?」

と思われるお客様もごく稀にいます。

しかしながら、合理的にちゃんと説明すればわかってもらえる話なのです。

サッシ廻りなどは釘を打ちます

サイディング窓廻り

サイディング外壁金具工法のサッシ廻りなんですが

遠くからでは釘がわかりません。

おさらいで簡単に金具留め工法について説明すると

サイディングは下から上へと張り上げていくのですが

金具留め工法の場合は重なり部分に金具で固定してサイディングを重ねていきます。

事実上サイディングの上にサイディングが乗っかってるだけです。

釘打ち工法ですと躯体に釘が打ち込まれていく工法となります。

 

サイディング釘

サッシ廻りのサイディングの収まりなのですが

金具を留めただけでは、サッシ側は今後サイディングが反ってしまう可能性があります。

なのでサッシ周りだけは胴縁や貫と呼ばれる下地材を入れく釘を打ちます。

あともう一箇所、軒裏とサイディングの取り合いのところも釘を打ちます。

軒裏にサイディングがぶつかるわけですから最後に金具を留めることはできません。

これも胴縁を打ち、そこを狙って釘を打つことになります。

「金具留め工法」だから言って釘を使わないわけでもなく

しかし、お客様にはとってもわかりづらい事でもあります。

 

 

素朴な疑問ぜひお問い合わせください

職人にとって当たり前ことは一般のお客様にはわかりづらいですし

説明するにも業界用語使われてはますますわかりかねると思います。

このように建物に関しての素朴疑問、なんでも構わないのでお問い合わせください。

例えば

在来工法って何?

2×4って何?

バルコニー、ベランダの違い?

などなど、いろいろ気になることにお答えしたいと思います。

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に