埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

モルタル外壁、リシン吹き付けとは?


リシン吹き付けとはなんぞや?

リシン吹き

リシンとは?「塗料に砂や細かな骨材を混ざられた建材」です。

仕上げはコンプレッサーで吹き付けます。

よく「スタッコ」とはどう違うの?と思われますが

「スタッコとは?」セメントが含まれており、リシンよりは分厚い仕上げになってます。

なかなか素人には見分けつかないかもしれません。

触ってみてザラザラした感じはリシン吹き付けです。

塗膜が薄いか厚いかの判断になるので目視や触ってみてによる診断が必要です。

主にモルタル外壁の仕上げに使われてますが

無塗装のサイディングにリシンを吹き付ける工法もありました。

1コストパフォーマンスが良い

2通気性がよく木造住宅に適している

3健康被害がない(アスベスト含まない)

などの理由で重宝されていますが

1耐久性がない(7〜10年程度)

2ひび割れやすい

3カビが生えやすい

という理由で、リシン吹きつけに関しては早めの塗り替えをお勧めします。

塗り替えに関しての鉄板ルールがありまして

「コスト安」の仕上げ類はメンテナンスも早めになる!

これは屋根やサイディングの塗り替えも共通して言えることです。

特にリシンは「多孔質」なため通気はいいかもしれませんが

一旦カビが根付いてしまったら、いくら塗り替えしても意味がないのです。

むしろ、カビが室内に及んでしまう可能性もあります。

日本は四季が豊かな国で特に夏は猛暑、台風が年々強まっています。

温度差で建物の建材が伸縮しモルタルにヒビが入りやすくなります。

秋の長雨前にもう一度モルタル外壁の点検をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に