埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

金属面の塗装では下地処理は何を使えばいいんですか?


シーラー、プライマーの違いとは?

下地処理について色々説明しているうちに

シーラー、フィラーの違いを説明はしましたが「プライマー」についてはまだ説明はしてませんでした。

専門用語を使えばこの違いは説明できるのですがお客様に説明する時には

基本、呼称が違うだけでほとんど機能性としては違いはなく

「中塗り、上塗りを塗装面に密着させるための工程」という認識でいいと思います。

ですが、実際プライマーと呼ばれる下地処理材が使われる用途というのは

1金属部分

2コンクリート

3FRPのベランダ床

4コーキング施工時のサイディングの小口

5塩ビが使われた部分

注釈としては金属面でも鉄部は錆止め塗料を使います。

ここからは複雑な話になりますがわかりやすく説明していきたいと思います。

金属面の下地処理は各種使い分けます

錆止め塗料

鉄部は当たり前ですが酸化して錆びます。だから錆止めを塗ります。

当たり前の話なんですが、場合によっては錆止め塗らなくていい場合があります。

同じ鉄部でも、メッキ加工されたものがあります。

そういった部分は錆止め塗料よりもプライマーをよく使います。

プライマー

例えば、出窓木部分と換気扇の板金が絡んだ塗り替え工事。

木部分は水性塗料(この時はエコフラット70)で目止めするために下塗りは必要ですが

金属部分、特にメッキ加工された部分はプライマー使います。

この時は「万能プライマー」(この時はミッチャクロン)を使用しました。

 

金属面の下地処理は現地調査した上で用途を決める!

金属面の塗装の場合はお客様には少々わかりづらい内容となります。

「鉄部なのになぜ錆止め塗らないんだ!」と思われても

メッキ仕上げや焼き付け塗装された板金、ステンレスなどは錆止めは必要ないからです。

最初に言いましたがシーラーもフィーラーもプライマーも

塗装面と塗膜の「密着性を高め綺麗な仕上がり」を目的として大事な工程の1つなので

お客様にも覚えてもらえたら幸いです。

お問い合わせあって、現地調査した時に同じような説明をするので

その時はよろしくお願いします!

 

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に