埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

窯業系サイディングの塗替えのポイント


窯業系サイディングの塗替えのポイントは?

八潮市

リフォームのお問い合わせが一番多いのは「窯業系サイディング」です。

実際いろいろお話しして出てきた問題、お客様の疑問をまとめてみました。

1コーキングってどれくれい持つの?

新築時の施工の段階でちゃんとやっていれば10年は持ちますが、

施工不良、例えば、プライマーの塗装がしっかりなされてない場合は5年もつか持たないです。

あとはコーキングの打ち込みが甘い場合も劣化が早いです。

コーキングも古くなれば縮むので、打ち込みが甘いとコーキングが切れやすいです。

2サイディングの塗装の劣化具合

サイディングの柄によりますが、苔が生えてしまったり、どっかから湿気を持ったりするとサイディングの塗膜が剥がれることもあります。

タイル調などは目地に汚れが溜まりやすかったりしますね。

3付帯部分のペンキ剥離

写真の建物ような「化粧帯、ハーフティンバー(2階の縦のふかし部分)」が10年すぎるとだいたい剥がれます。

化粧帯と呼ばれる1階と2階の境目につけられる帯状の飾り。

気をつけたいのはこの化粧帯の上部はコーキングで収められてるのですが

水も溜まりやすくてコーキングの劣化が激しいです。

上部に水溜まれば塗装も剥離しやすくなります。

4釘打ち工法、釘痕が目立つ

釘打ち工法の場合、釘を打ってタッチアップ(補修)をし新築の頃はわからないのですが

その補修部分だけが劣化して、すごく目立つようになります。

あまりに長く放置しておくと、釘が緩んでさらに雨水が浸透しサイディング自体の劣化が早まります。

以上が窯業系サイディンの塗替えのポイントです。

補足ですが、塗替え時コーキングの「打ち替え、打ち増し」をした後で

塗装を重ねるわけですから、コーキングの耐久性はさらに増します。

ただ、オートンイクシードなどのコーキング材は塗料との相性が悪い場合があるので

その場合、コーキングは後工事の可能性も出てきます。

後、繰り返しブログやコラムでも言ってるのですが

2回目の塗替えの場合、前業者が「何の塗料を使ったのか?」をご確認ください。

1回目の塗替えの場合でも、ハウスメーカーや不動産屋から仕様書、立面図を用意してくだされば幸いです。

万が一、サイディングの部分はりかえや雨樋の交換時に参考として必要だからです。

塗替えのご相談は何回もしっかり、ちゃんとご理解得られて始めるのが当社の理想です。

わからないことありましたら、ぜひお問い合わせください、お願いします!

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に