埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

古い空き家のリフォームをする場合の注意点


アレもコレものスパイラルに落ちやすい空き家のリフォーム

空き家

古い空き家のリフォームをする場合、人が住んでいるリフォームとは注意すべき点たくさんあります。

誰も住んでいないということは、全く換気がなされない状態です。

持ち主や不動産屋さんがマメに換気してればいいのですが、そうでなければ家は必ずと言っていいほど

湿気を持っています。そうするとクロスにカビが生えてしまうことはもちろん、壁の中の断熱材も怪しくなります。

見えない床下もシロアリに食われてる可能性もあります。

本来、シロアリの薬剤は5年すぎると全く効果なくなります。

昔の建物はベタ基礎ではないので、地面からの湿気がたまりやすいです。

建物が湿気を持つことは木部が腐りやすいのに繋がりやすい。

木材は乾燥して硬く丈夫にしてから使います。水分を含んでると木が柔らかいのです。

なので、外部の金属サイディングを止めてる釘などが緩んで抜けたりします。

台風などの強風が吹くたび、建物が湿気を持ちやすくなり、それを繰り返して

金属サイディンが剥がれてしまうこともあります。

そんなことを話してしまうと、リフォームするのに「アレも、コレも」という状況になってしまうこともしばしば。

リフォームの予算が膨れ上がってしまいます。

キリがありませんので、あらかじめリフォームする際は予算を要所、要所直すのが一番です。

あとでできることは数年かけて、ちょこちょこ修繕すればいいのですから。

もちろん、予算に余裕があれば一気に修繕するのが一番だと思います。

もし、わからないことがあったら、そんな話でもご相談に乗りますのでよろしくお願いします。

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に