埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ステンレス釘、ビスを積極的に使うべき理由があります


ステンレス釘か鉄釘か?

トタン下見

年配の人から、釘は口に加えて打った方がさびらせた方がいいとよく聞かされたことありました。

確かに錆びた釘は抜け温い印象はあります。

しかし、鉄釘で打たれたところに塗装された面が塗膜を侵されて錆が出てしまうことが度々見受けられます。

ここ数十年の新築住宅を見ても鉄釘を使うところはないです。

写真のようにトタン下見に打たれた鉄釘は錆びて抜けにくいかもしれませんが

肝心なトタン下見が釘の周りから錆びってしまっては意味がないと思います。

リフォームする際の修繕工事をする際はステンレス製のものを使いたいと思います。

ステンレス製のものは値段が高いですが、長い年月からすれば安い買い物です。

話はそれますが、クルマの営業の方と話したことあるのですが

ある程度、コストが下げられた製品というのは「それなりに安い理由があります」と言います。

新築からリフォームまでもそうですが、

あんまりにも見積もりが安いのもよく話を疑って聞いてみてください。

だからといって高ければいいというわけでもないですが。

お見積もりでも、なぜ安いのか?高いのか?には理由があるということです。

わからなかったら、なんでもいいから質問するのもいいでしょう。

話を戻すと、ステンレスを使うかどうか正直その業者の考え方も見えてきます。

雨樋の取り替え工事でも、雨樋に使う金具にはピンキリあります。

ぜひ、参考にしてリフォーム業者選びをしてください。

当社も誠心誠意受けごたえしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に