埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

コロニアル屋根の点検の際、気をつけるポイントを教えます


棟板金とは?

棟板金

棟板金とは?説明するとコロニアル屋根の尖った部分にかぶせる板金のことです。

この板金の中には木材の下地が入っています。

台風とかの強風でこの棟板金が吹き飛ぶ事例があります。

吹き飛ぶ原因は、板金を釘で下地に留めてるのですが、その下地が古くなって腐ってると釘が緩んでる可能性があります。

兆候としては、釘が飛び出ていたら危険信号です。

その時、気づけば新しく釘を打ち直すだけで大丈夫です。

しかし、実際屋根上がって棟板金を触ってみて動くようでは、剥がしてみて下地をチェックしなければなりません。

下地が腐っていたら下地を交換しなくてはなりません。状況次第では板金も交換。

屋根に上がったら、雨樋のチェックもします。

雨樋に落ち葉よけのネットしてなければ、詰まって雨樋から水が溢れてしまいます。

コロニアル屋根の重なり部分に苔が生えてると、苔は湿気を保とうするから屋根が傷みやすくなります。

屋根の点検をおろそかにして手遅れになると、屋根の葺き替えは工事費がかかります。

もし気になったら、早めの点検を勧めします。

コロニアル屋根の塗り替えでしたら、塗装工事費用がお安く済むのでぜひ屋根の点検をご検討ください。

 

 

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に