埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

黒系の塗料は仕上がりが難しいので少し手間がかかります


黒系塗料仕上げの難しさ、工法の手順を説明いたします

黒系の塗料

黒系の塗料の仕上げは難しいです。パテ処理がされてないと光の加減で目立つことが多い。均等に塗り上げられてないとムラが目立つ。

要するに黒系は光の加減に影響されやすいのです。曇りの日に施工して綺麗に仕上がってるなと安心しても、日が当たったりすると「あれ、もう一回塗らないと仕上がらないかな?」と心配するほど仕上がりには気を使います。

写真の例で説明すると、バルコニー裏の軒裏一部分の塗替え、塗料は水性塗料(エコフラット)の場合です。

対策としてはパテに色をつけて施工。

一回塗りの工程の時は追っかけで縦横をローラーで仕上げ、オープンタイムをとったうちに2回目の仕上げにかかります。

大事なのは一回めのローラー仕上げ後のオープンタイムをしっかり取ることです。

オープンタイムとは一回目の塗膜をしっかり乾かすためにとります。

できるだけ長いオープンタイムををとりたいですね。

この時の塗料の希釈率(水性でも溶剤でも)は少なめにします。

希釈率が少なめだと塗膜が厚くなるのですが、手早く塗り上げていかないと厚塗りのムラを作ってしまうので

綺麗に均等に仕上げる、そこはプロの見せ所です。

黒系はちゃんとした施工をすれば仕上げは綺麗ですが、手を抜くと残念な仕上がりでしかないです。

私たち職方はこれに満足せず、これよりももっといい施工方法ないかと模索しながら仕事してます。

そういう私たちの意気込みが少しでもお客様にご理解されるとこちらとしても嬉しいですし、やりがいを感じます。

もし現場でお会いすることありますたら、色々お尋ねください。

よろしくお願いします。

 

 

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に