埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

施工不良は絶対に許さない! 付帯部分破風納まり編


雨漏りは施工不良からも発生します!

雨漏りといえば建物の劣化、破損と考えられますが

そのほかに「施工不良」という人為的なも問題もあります。

いわゆる「雨漏りするように作られている」という悪質な事例です。

例えば型屋根の破風の納まりの事例を紹介します。

型屋根の斜めの破風が水平部の破風のぶつかるような形の場合(写真参照)。

Aの破風が建物に差し込まれ、後から水平部Bの破風が取り付けられた納まり。

Aの破風は雨が吹き付けると建物の中側に水が流れていきます。

水は高いところから低いところに流れるのは誰にでもわかる話ですよね。

AとBの取り合いにコーキングを打つのでその時は雨水は防げますが

そのコーキングが劣化して切れてしまえば雨水が建物の中に入ってしまいます。

これが雨漏りする原因の一つです。

どうすればこのような雨漏りが防げるか?それはもう破風を正しい取り付けをするしかないです。

正しい納まりはBの破風を先に取り付けAの破風がBの破風に無浸かるように取り付けます。

これだとAに雨が当たり流れ落ちてもBの破風で水が止まり建物に水が入るのを防げます。

残念ですが新築後、リフォーム後にこの施工不良を見抜くのは困難です。

まして足場がない大屋根部分では目視できません。

職人さんの技術、モラルには個人差がありますますが

このような施工不良は言い逃れできない無責任な施工だと私は思います。

まだまだこのような雨漏り危険箇所を紹介していこうと思います!

 

 

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に