埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

瓦屋根の下地材、ケラバについて


まず準防火地域について

瓦屋根(洋瓦屋も含む)の場合下地材のベニヤなどがむき出しになってることがあります(写真参照)

まず、そのケラバ(専門用語、屋根の下地材)について説明する前に

準防火地域について説明しなければなりません。

準防火地域とは火災の際、危険度が高い地域(密集度が高い地域、市街地など)の建物に

耐火、防火構造を規制されるべき地域のことです。

具体的には外装、外壁に関して防火構造をなしているか?不燃材料を使用しているか?となります。

さらに詳しく具体的には準防火地域の木造住宅では破風、軒裏は防火板の使用の義務化(木部使用はNG)

埼玉県では各地域ごとに準防火地域が定められています。

自然災害に対して重要な情報であるので、ご自宅が準防火地域かどうかお調べになるのも必要かと思います。

瓦屋根 ケラバ

この赤い線で囲まれた部分がケラバ部分です。

準防火地域以外ではほぼ木部がむき出しになっています。

準防火地域では木部が見えてはダメなので、このケラバ部分は防火板使用したり、板金で覆ったりされています。

なぜ、今回瓦屋根のケラバについてお話しさせてもらうにはわけがあります。

何度でもこのコラムで使われている「目に見えない不具合」でもあるわけです。

雨樋を覗き込まなきゃ見えないところにケラバはあります。

普段誰も見ることができません。

写真ではケラバ部分までしっかり塗装されていますが、数年後にはこのケラバ傷み始めます。

実は雨風というのは軒樋の中で巻き上げて、このケラバ部分がすごく傷つきやすくなってます。

準防火地域地域以外の木造住宅ではいたるところで、ケラバ以外に木部がむき出しになってることがよくあります。

当社はその建物の住宅メンテナンスをしっかり行い、早めの修繕工事を請け負います。

これをきっかけに雨樋のケラバチェックでもいかがでしょうか?

もちろん

雨漏り点検、住宅メンテナンス診断は無料です!

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に