埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

窯業系サイディング外壁、塗り替えサンプル作りました


サンプルを作り塗り替え工程を説明します

塗り替えサンプル

窯業系サイディングの廃材が手に入ったので、サンプル作りにちょうどいいなと思いました。

メーカーのカタログや写真ばかり見せてもお客様に伝わりにくいかもおもい今後活用していきたいです。

凹凸の激しい柄なのでお客様への提案は一色で塗りつぶすか?それとも目地と表面の色分けがあると思います。

今日はその両方を作ります。

まず下塗り、シーラー処理を行います。

シーラー処理

窯業系サイディング外壁に適してる水性シーラーを使います。

臭いもなく施工性も良くてコスト安なので、三拍子揃った優れものです。

今回サンプルに使うサイディングは凹凸が激しいので中毛のローラーを使っていきたいと思います。

シーラー処理

白く塗られた部分がシーラー処理されたところです。

シーラー処理を施すと中塗りと上塗りの密着率が高くなるので

必ずやらなければならない工程です。

*旧塗膜と新塗膜は相性が悪い

*粗悪な塗装面をコーティングすることで密着率がアップ

*淡い色から濃淡色、濃淡色から淡い色に色変えする時にムラも消せる

なので、塗装仕上げにする前にシーラー処理は必ず必要です!

中毛のローラーを使って、深い溝もしっかり塗り込んでいきます。

中塗、上塗りを作業をしました

上塗り材料

今回は上塗り材は弱溶剤シリコンを使ってみました。

当社は窯業系サイディングの塗り替えには水性塗料推奨してます。

水性シーラーには水性塗料もいいのですが

今回は自分でも水性と溶剤系の違いを再認識するべく使用しました。

*注意(これ以上強い溶剤系の塗料は水性シーラーとの相性は悪いです)

 

外壁中塗り

どのサイディングのデザイン見ても目地は濃淡色使うことが多いです。

なので茶色系の塗料を選び塗ってみました。

溶剤系なのでいくらか塗膜が厚いので塗りごたえがあります。

水性と比べると同じ5分艶でも溶剤系は艶がしっかり出ます。

上塗りから色分け作業をしました

塗り替え上塗り

写真では中塗り、上塗りの違いがわかりませんが

(普段は中塗りは少し色変えてます!)

実際仕上がり触ってみると、質感が全く違います。

艶の方も重厚感が全く違います。

同業者なら中塗り、上塗りはすぐ見分けられます。

指でこすってみてみるとわかるのでその違いをぜひ試して欲しいです。

塗り替え色分け

表面の色は赤系のベージュを選びました。

同じ茶色でも赤が強いのと黄色が強いのに分かれます。

目地色と表面色の選択も統一するのが望ましいです。

表面の仕上げは短毛の硬めのローラーで塗っていきます。

ところどころはみ出してし舞いますが、あとで補修していきます。

1シーラー

2中塗り

3上塗り

4表面仕上げ

という工程で仕上げていきます。

目地部分をあえて二回塗るのは「塗りつぶし」の段階で「これでもいいや」とお客様が納得される場合を想定してます。

しかも目地一回、表面一回という作業工程では結局、目地部分は一回塗りでしかないのです。

目地部分が水たまりやホコリが蓄積されて塗膜が傷みやすいので

当社は基本「目地色二回塗りです」

今回はこんな感じですがおわかりいただけましたか?

これからも様々なサンプルを作って、紹介して行こうと思います!

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に