埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

モルタル外壁の基礎知識とリフォームするタイミングとは?


モルタル外壁の基礎知識

モルタル外壁

モルタル外壁とは「水」「セメント」「砂」を練り混ぜた建材です。

「コンクリートとはどう違うか?」というと

コンクリートは砂利が混ざり、強度が増す為「道路」「ダム」「トンネル」など幅広く使われてます。

モルタル外壁の作業をする業者さんを「左官屋さん」と呼び

「左官職人」さんがこのモルタルを壁に擦り付けていきます。

ちなみに左官の由来は平安時代の建築や宮を修理する人を「木工寮の属(さかん)」と呼んだことにあります。

話は逸れましたが、私が建築業に携わった時はサイディング外壁が主流になりはじめたくらいで

モルタル外壁も盛んでありました(ダジャレではないです)

サイディングが工期短縮、コストダウン、技術訓練期間が短く人材確保が容易い為

工期がかかる、コスト高、職人が育つに時間がかかるモルタル外壁は徐々に減っていきました。

味わいがあるモルタル外壁は根強い人気はありますがハウスメーカーが積極的ではありません。

新築時のモルタル外壁の工程は

1ラス下地施工

2マスキング養生

3モルタル下塗り

4モルタル上塗り

5養生期間(1〜2週間)

6吹き付け仕上げ

全行程を含めると3週間以上と日数がかかります。

窯業系のサイディングだと一人で作業を行なったとしても10日もかかりません。

モルタル工事は天候に左右される為、実際はもっと工事期間は長かったりします。

しかも人の手仕事で外壁を平らに仕上げる作業は熟練の技術が必要で、職人さんのなり手も減少してます。

モルタル外壁の長所は

デザイン性が多様であること、つまりリフォームの際は色々バリエーションがあるということになります。

もちろん、モルタル外壁の上にサイディングを張ることもできます。

サイディングからモルタル外壁にすることもできますが、正直あまり聞いたことことないです。

モルタル外壁

モルタル外壁の短所は?

サイディングと比べて保水率が高い為、コケや藻がつきやすいことや

ヒビ割れすると雨漏りのする危険度が高いことです。

モルタル外壁の主な仕上げは

リシン仕上げ

スタッコ仕上げ

タイル調仕上げ

に分類されますが、これについては次回また詳しく説明いたしますので割愛します。

この仕上げ方によって、耐久性や汚れ方も違います。

今日の重大ポイントとしてはモルタル外壁のリフォームするタイミングは?ということです。

1指で触って粉がつくチョーキング現象

2外壁のひび割れ

3コケや藻の繁殖

モルタル外壁は凸凹が多い壁面ですから汚れが目に入って落ちにくくなったり

水分を含みやすくなってしまうので、毎回、何度でも何回も言いますが「湿気は建物によくないです!」

サイディングよりは早めの塗り替えをお勧めします。

 

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に