埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん草加店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん草加店

街の外壁塗装やさん草加店

〒340-0052

埼玉県草加市金明町1229-30

TEL:0120-139-523

FAX:048-942-5271

草加市・越谷市・川口市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-139-523

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

古すぎるトタン下見、台風来る前に点検をお願いします


トタン下見の外壁、台風来るまでに修繕の勧め

金属サイディング

窯業系サイディンが出回る前の外壁はモルタル外壁か金属サイディングでした。

今日は金属サイディングでもトタン下見について説明します。

むかし、農家さんがアパートや家作(または平屋の貸家)でトタン下見という金属サイディングがよく使われてました。

作りは簡単で、トタン板を躯体に釘で止めるだけなのですが

釘が錆び付いていたり、下地の木材が腐ったりしてしまうと強風で飛ばされる可能性もあります。

トタン下見

この写真のように、鉄釘が錆びてトタン下見を腐食し釘穴が広くなり浮いてしまってます。

こうなると釘の役割は果たしてません。

このトタン下見の施工例は草加市金明町の下見部分塗り替え工事でも紹介してます。

釘穴が開けば、今度は雨水が入るので下地の木材どんどん腐りやすくなります。

 

 

トタン下見修繕

コーキングで釘穴を修繕したりして、まず雨水の侵入を防ぎましょう。

これだけしたら、無料点検の際無料で応急処置いたします。

浮いてしまってる釘はトンカチで打ち直してトタン下見に効くように打ち直します。

 

 

トタン下見修繕

トタン下見が浮いてしまった場合はステンレスの釘で打ち直すのがベストです。

また鉄釘を使ってしまったは意味がないので、錆びることないステンレス釘がいいです。

鉄釘が錆びさせた方がいいというのは昔の話で、木材に直接鉄釘を打ち錆びることによって釘は抜けにくくなります。

ただトタン下見など錆びやすい金属類とは鉄釘は相性が悪いのです。

ぜひステンレス釘の打ち直ししてください。

 

これから台風の季節です、ぜひ無料点検を!

これからの台風の季節に備えて、覚えてもらいたのが

1屋根の棟板金

2トタン下見の外壁

3古すぎた雨樋

4コーキング劣化

5地震による瓦のズレ

これらは台風時雨漏りや二次災害(トタン剥がれて人や物に当たる)を招きやすいです。

今回はいろいろある中ピックアップして、トタン下見について説明しました。

今後も台風前に気をつけるべきポイントを随時説明していきたいと思います。

草加市、川口市、越谷市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん草加店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-139-523
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん草加店に